独自ドメインの設定を変更したらログインできなくなった

photodune-608220-summer-thrill-ride-l

プロダクトが見つかりません

独自ドメインの設定

 管理画面にアクセス、ブログの修正が出来ない。誰もが一度は通過するトラブルでしょう。わたしも経験をして大慌てしました。それは WordPress がバージョン 2.8 の頃で、意味を逆に取り違えたのでした。それから比べると日本語化も随分と進みましたが、間違えやすい表現はまだまだ残っていますね。

初心者にかぎらずわかりにくいところがあって、フォーラムに立ち寄ると『どこがわからないのか』。初心者の失敗に改めて気付かされるところが多い。

WordPress は自分自身で管理できるブログ・システム。最低でも HTML で静的サイトを作り更新出来ていることがスキルとしての前提となっています。だから、わたしと同様に意味を取り違えなければディレクトリ構造については理解されているでしょう。

WordPress サイトアドレスの設定

静的 HTML サイトをドメインルートにして WordPress はブログにするケースが理想でしょうから、サブディレクトリにインストールしておくのが管理しやすい。
そのままでブログとして更新すればいいのですが、サブドメインで運用するのも‐Facebookと連動させるなど‐何かと便利な面もありますね。

サブドメインのルートに WordPress をインストールしてもいいけど、セキュリティの面ではルートに展開しておかないほうが良い。そこで、WordPress 自体はサブディレクトリにおいてサブドメインでサイトをアクセスさせる方法。

ドメインと、WordPressをインストールしたアドレスの関係はどうなっていますか。

 ダッシュボード>設定>一般で次のようになっていると仮定します。

変更前

WordPress アドレス (URL)
http://独自ドメイン/wordpress
サイトアドレス (URL)
http://独自ドメイン/wordpress

これは次のように理解する。WordPressをドメインでアクセスできるようにする場合、サイトアドレスの方だけルートドメインにします。間違いやすいのですが反対に WordPress アドレスを変更すると全くアクセスできなくなります。

変更後

WordPress (がインストールされているURL)
http://(独自ドメイン)/wordpress/
サイトアドレス
http://(独自ドメイン)

変更して『変更を保存』したまま、設定後は他のページに遷移したりしないでそのまま設定のページを表示したままでいてください。もし、その後の手順を間違うとサイトは表示されても管理画面にログインできなくなります。
に設定で指定して下さい。間違いやすいのですが反対にすると管理画面に入れなくなります。

ftps でファイルの移動、あるいはコピー

そして、

  • http://(独自ドメイン)/wordpress/index.php
  • http://(独自ドメイン)/wordpress/.htaccess

の2つを、http://(独自ドメイン)の直下にコピー。

  • http://(独自ドメイン)/index.php
  • http://(独自ドメイン)/.htaccess

ドメインでアクセスさせる

index.php の書き換え

コピーした方の index.php のみを変更します。

require(‘./wp-blog-header.php’);
とある部分を
require(‘./wordpress/wp-blog-header.php’);
とします。

独自ドメインがあるディレクトリが異なる場合は、同じにはなりませんが wp-blog-header.php までの相対アドレスを辿って下さい。

パーマネントリンクの再設定

.htaccess の内容は、初期のまま変更されていないようならパーマネントリンクの設定を再設定します。

サイトの確認

変更を保存している状態のブラウザと違うブラウザで、ドメインを直打ちでアクセスして確認します。

http://(独自ドメイン)

で WordPress のサイトが表示されれば完了です。

インデックスファイルと .htaccess ファイルは大切

インデックスファイルがない場合、ドメインでアクセスするとサーバー内のファイルがインターネット全体に公開されてしまいます。

Index of


 フォーラムにトピックされた相談への返事を整理しなおしました。

WordPress > フォーラム » 使い方全般
サーバークイーンで独自ドメインを設定

プロダクトが見つかりません

Amazon Publisher Studio 簡単アフィリエイト・リンクの手引き

Ladybug

プロダクトが見つかりません

アマゾンの新しいサービス「Publisher Studio」のベータ版が8月5日に開始された。
早速設定を済ませての使用感ですが、初期設定で戸惑いはありましたが一度リンクを作れてしまえば、Amazonの説明そのもので簡単で快適。

アソシエイトリンク作成をもっと手軽に快適に。

そんな想いから Publisher Studio は生まれました。従来のリンク作成方法とは異なり、Publisher Studio を使えばアソシエイトセントラルや Amazon.co.jp へアクセスすることなく、たった数クリックで簡単にアソシエイトリンクを作成することができます。
サイト上のあらゆる画像に簡単に商品をタグ付けすることも可能になりました。広告設置スペースも気にする必要はありません。

新しいアフィリエイトのリンクの作り方で自分のサイトに溶けこませることができます。
これまではアマゾンで用意されたリンクをペーストしなければいけませんでしたが、アマゾン側から読み上げてくれるスタイルです。
自分のサイトの写真をリンクボタンにすることができますので、レイアウトの考え方は自由になります。

サイトのデザインはタブレットや、スマホをターゲットに含めたレスポンシブル・デザインが当たり前になって来ました。
そうしたデザインの時にこれまでのバナーや、アマゾンで用意されたイメージを使うときにネックになっている。

Amazon にしても商品画像を一つ一つ準備するのも、データを維持するのも大変だろう。画像データがユーザ側にあるだけでどんなに便利で、且つ、逆に利用できる利点もある。リンクを逆引きして、問題を見つけられるという含みもこの機能の狙いではないだろうか。

さてスッキリしたサイトが目指せることではあるものの、然し、これまでのAmazonのリンクを見慣れてしまっているので、リンクが埋め込まれていることを見過ごされることもあるだろう。まだまだ、このサービスの変化は起こりそうだ。

Amazon Publisher Studio の手引き

1098214_10201874052361978_1401066232_n

  1. Amazon で登録して、ツールバーを有効にするとサイトが認識されて上部にタブ上のツールバーが表示されるようになります。
  2. サイトの写真や文章を選択すると、商品検索のウィンドウが表示されるのでリンクさせる商品を選択します。それだけ、画像の右下に「今すぐ購入する」マークが画像の上に貼り付けられます。

Amazon からログアウトしても、サイトに表示されていることが確認できます。手順は簡単です。
サイトにアクセスした時にリンクのマークが読み込まれるまでタイムラグがありますが、商品リンクをたくさん掲載しているのよりはサイト表示の負担は少なくなるでしょう。

1148788_10201874052321977_391441580_n

アカウントユーザーの追加の注意点

PublisherStudio ユーザーにアカウントを追加するとして、日頃 amazon アソシエイトにアクセスしているアカウント(自身の予備メールのユーザー)を招待して追加しないように注意。PublisherStudio ユーザーは別に招待しないとレポートの確認やリンク作成が可能なだけのアカウントになってしまいます。
現在登録されているアカウントユーザーを改めて追加しないように。不便な事態になります。

プロダクトが見つかりません

ソーシャルボタン(いいね、シェア)をプラグインを使って設置する方法。

1048391_512499155489242_1175650374_o

プロダクトが見つかりません

いいねをしてもらう工夫。プラグインは何が良いか?

昔、ブログ炎上。
今、いいね争奪。

Twitter、Facebook、Google+ といったソーシャルとの関わりは、どんどん大切になってきています。NHK が Twitter に視聴者が書き込んだものを見ながら進行している23時のニュースの様子は、リアルタイムでのレスポンスを必要としていることが感じられる。

Twitter をこれほど NHK が利用するとは思わなかった。検索で意識や情報を収集していた時代が懐かしい。
それは余程の参照が発生しないと、検索上位に出てこないし早くても1時間経過しての情報だったり、一日、一週間を必要としていて即時性はソーシャル・ネットワークでの情報が助かる。

ブログやサイトからのニュースや個人の考えは、読者のネットワークが広めてくれる。
ブログを読んだ人がコメントを残していく。その人が自分の周囲や、自身のブログで紹介してくれる。そのブログを経由して次の訪問者が来る。その人のブログは、わたしが先にコメントをして紹介していることだってある。インターネットはオープンな空間だけど、関心があるもの通しが各々ネットワークを作っていく。コメントやトラックバックはそのために大切な仕組みだったが今は昔。

訪問されることで読者を広げていたものから、ブログをシェアして更新を知らせる。良い内容だったら『いいね』をしてもらう。この『いいね』は、ソーシャル・ネットワークの中で『いいね』をした人の友だちに、『あなたの友達の◯◯さんが△△にいいねをしました。あなたもいいねしませんか』と通知される。そうしてブログ、サイトへの訪問者を広めていく。

数あるプラグインから忍者おまとめボタンを使う

Facebook、Twitter、Google+ それぞれに公式で、ボタンをブログに導入する方法は紹介されています。プラグインもソーシャル管理におまけで付いているものから、いいねボタンだけを表示させるものまで様々にあります。
ポータルサイトでも、ブログに表示できるようになっているのが増えました。

ブログの記事の最初に、ズラリと並んでいるニュースサイトのように個人のサイトで並べるのは気が引けるな、と思ってました。でも、そのボタンが粋に感じるデザインのサイトによく出会うようになった。また、タブレット、スマホでアクセスされる傾向は大きくなっています。ならば目に止まりやすく、ボタンをクリックしやすいのが好ましく思える。それで、いくつか試してみましたけれども海外で開発されたものだったりで設定に一手間必要だったり、表示に時間がかかったり。

検索で、「sns ボタン プラグイン」の上位に出てきた二つのサイトで紹介されていたのを読んでボタンのサイズやら統一感が決め手で、『忍者おまとめボタン』を選んだ。

導入には、忍者ツールを使っていたのと投稿に定型文として挿入できるプラグインの両方を使用していたことで簡単に設置できた。

必要なもの

  • 忍者ツールズのアカウント http://www.ninja.co.jp
  • サイト全体に定型文を挿入できる WordPress プラグイン PostPost

後者はプラグインは他にもあるし、テーマに直接張ってもできるので何でも良い。PostPost は各記事で毎回同じ文言を、これに登録しておくことで記事を公開した時に自動的に挿入してくれるプラグイン。住所、連絡先、セールのお知らせなど毎回必要で記事に書いているような場合は便利。
住所や電話番号が変わった時、急な休みのお知らせ、イヴェント内容の変更などをこれで使うと全部の記事内容で変更されるから季節の挨拶をこれで書くというのも楽しいかな。夏場にあけましておめでとうございますって始まる記事に出会うのも「むむむっ」と思いますよね。

準備は簡単。忍者ツールズの『忍者おまとめボタン』で選んだレイアウトで出力されたコードを、PostPost の『投稿の上に挿入』、『投稿の下に挿入』などとある項目から選んでペーストすると完了です。

PostPost

この記事の上に大きめのアイコンで並んでいるのが、『忍者おまとめボタン』。この記事の下にあるのが、公式の『いいね』ボタンです。

プロダクトが見つかりません

Hello world!

1064927_10151680231423252_1779070686_o

プロダクトが見つかりません

Nature Sound Day 2013

自然の音で涼しむ。
YouTube 有名チャンネル K-MUSICLIFE CHANNEL イベント 2013 年 8 月 1 日〜 8 月 31 日開催

イベント概要:
石川県内のカフェで8月の 1 ヶ月間 毎週月曜日・金曜日 ( 予定 )、K-MUSICLIFE の自然音をカフェなどの BGM として流れます。涼やかな自然の音を聴いて暑い夏を乗り切りましょう。

Nature Sound Day in Ishikawa Japan from Yuta Konishi on Vimeo.

プロダクトが見つかりません